2017年08月29日

同居の90歳祖母を殺害 孫逮捕 介護殺人に思うこと

「同居の90歳祖母を殺害 孫逮捕」ヤフーのトップを見ていたらこんな記事が目に留まりました。私は「金銭目的かな、それとも介護殺人かな」と思いながら記事を開きました。

事件の概要は、90歳の祖母と2人暮らししていた30代の孫が、祖母を刃物で切り付けて殺害したというものです。

この記事では事件の動機などについては触れられていませんでしたが、別の記事によると孫は祖母の介護をしていたようです。

私も数年前まで祖母を自宅で介護していました。私の場合は父と3人暮らしでしたので、介護の主体は父でした。とは言え、父が不在の時には食事を摂らせたり、便を漏らせばオシメを替えるといった介護をしていました。

祖母を在宅で介護している期間、私は「祖母に早く死んで欲しい」と思っていました。万が一父に何かあれば、私が父に加えて祖母の面倒を一人で看なければならなくなります。とてもそんな負担に耐えられないのは自分でもわかっていました。

もしものことがあれば、私が自殺するか祖母を殺すしかない。そこまで考えていました。

長期間家族を在宅で介護した経験がある人の中で、今回祖母を殺めてしまった孫を責められる人がどれだけいるでしょうか。

少なくとも私はこの孫を責めることはできません。状況が違えば私も祖母を殺めていた可能性があったからです。

子どもの育児と違い、介護は自ら選ばなくても降りかかってくるものです。5年つづくとも10年つづくともわかりません。

医療の進歩で寿命が延びたこと自体は素晴らしいことだと思います。しかし、その弊害として、時に家族の介護負担が増すこともあります。高齢化が急速に進むなかで、介護が原因で家族を殺めてしまう、家族に殺められてしまう。そういう状況に追い込まれる人が出ないよう、社会全体で考えていかなければいけないと思います。

関連リンク

Yahoo!ニュース:マンションに90歳女性遺体=殺人容疑で孫逮捕―神奈川県警
朝日新聞デジタル:同居の祖母を殺害容疑、34歳の孫逮捕 横浜




ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by こま犬 at 01:40 | Comment(0) | 事件・事故・経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。